パッチテストのやり方

パッチテストのやり方

 

パッチテスト,方法

 

監修ドクター:西麻布ヒフ・形成外科 院長: 藤井佳苗先生
(スキンケア大学より引用)

 

 

初めて使う商品はもちろんの事、海外ブランド
の化粧品なども同じです。

 

 

日本人向けに作られたものではない商品は以前
問題なく使っていたものでも、体調によっては、炎症を
起してしまう場合がある。

 

 

 

・注意としては、汗や入浴など外的要因が入ってくると
 正しい反応がみられなくなるので経過を見るときは注意が必要です。

 

 

 

パッチテストのやり方

 

 

以下3つの手順をふんで、問題がなければ
「使用OK」と見なしています。藤井佳苗先生

 

 

 

 

1、適量を、夜(入浴後)に二の腕の内側に塗る。
パッチテスト,方法

 

 

 

2、24時間様子をみて、腫れやかゆみ、
  赤みが出ていないかを確認する。

 

 

 

 

3、二の腕のテストで問題なければ次に、フェイスラインなどに
  少量を塗り再度赤みなどが出ないか確認する。

 

パッチテスト,方法

 

 

 

 

パッチテストの途中で炎症などが出た場合は、
すぐにパッチテストを中断して洗い流してください。

 

症状が続くのであれば必ず、その化粧品を
持って、医師に相談しましょう。

 

 

 

商品アイテムによってやり方を変えてみる

 

パッチテストの基本的なやり方は上記の方法

 

ですが、化粧品の種類によって少しずつ変える
方法もあります。

 

 

乳液、口紅、香水、化粧水

 

絆創膏(ばんそうこう)のガーゼ部分に塗って肌に貼る。
そのまま2日ほど経過をみて、とった後も翌日まで部位を観察して判断する。

 

 

シャンプー、石鹸、クレンジング、

 

精製水や蒸留水で薄めて、あとは化粧水などと同じように
絆創膏に塗ったものを肌に貼って様子を見る。

 

 

 

ヘアカラー、除毛クリーム

 

直接肌に塗り、20分後に拭き取って肌の
状態を観察する。

 

 

 

 

私、今までパッチテストをやったことがないよね。

 

やり方を知らないは?、

 

という方も多いと思います。

 

パッチテストはとても重要なんですよ。
化粧品でかぶれた経験が一度でもある方は
パッチテストを行う事をおすすめします。

 

 

 

使っていた化粧品でも、生理の前後のように
ホルモンバランスで肌が敏感になったとき、
肌トラブルが出てしまうことがあるのです。

 

簡単にできるので、ぜひお試しください。