マイナチュレ育毛剤を使っている時に髪を染めてもいいのか?

マイナチュレ育毛剤を使っている時に髪を染めてもいいのか?

髪を染める材料によって「メリット・デメリット」があります。

 

毛染め,

 

 

 

 

せっかく染めた髪が色落ちしてしまうのでは?
という心配される方が結構多いんですよね...

 

 

◆結論からいいますと。

 

 

マイナチュレの「育毛シャンプー」「育毛剤」を使っていても

 

ぜんぜん染めていただいても問題ありません。

 

 

 

◆ただ「マイナチュレ」としては

 

 

髪を染めた後ですが、2〜3日間は、育毛剤の使用を控えていただくことを推奨していますね。

 

 

 

 

◆その理由は?

 

育毛剤の多くはアルコール成分が含まれていますよね。
若干色落ちする可能性があるためです。

 

 

※ちなみにマイナチュレのアルコール成分は、一般的な育毛剤に比べて1/3程度と非常に少ない配合となってる。

 

 

だから念のためとして、髪を染めた後の2〜3日間は、色を定着させるためにマイナチュレの使用を控えることを推奨しています。

 

 

種類によっても変わるのは当たり前す!

 

 

女性はオシャレの一環として染めることはイイ事ですね。
染まった後、良い色に染まるとテンションが上がりますものね。

 

 

 

 

 

 

追記:ヘアカラーの種類

 

 

 

・ヘアダイ (ヘアカラー)

 

【メリット】編

 

毛髪の内部に染料が入るため、しっかり染まり、
他の染め方よりも染まりが良いとされています。

 

髪の色を明るくすることも出来ます。

 

 

 

【デメリット】編

 

美容室で取り扱うヘアカラーには、毛髪と同じ弱酸性の
ものもありますが毛髪内部に染料が入るため、全くダメージが
ないとは言えないですね。

 

 

・市販のヘアダイは、どんな髪質の方にも染まるように作られているため、美容室のヘアダイよりはダメージが出やすいです。

 

 

 

 

 

ヘナカラー(ヘナ植物からなる植物染料)

 

【メリット】

 

根元からしっかり塗布をしますが、植物染料のためダメージはありません。
ハリコシ・ツヤが出る効果があり、トリートメントとして取扱う美容室もあります。

 

 

 

【デメリット】

 

ヘアダイに比べ色落ちがしやすいです。
髪の色を明るくすることが出来ません。
ヘナの種類によりますが、比較的オレンジ色になりやすいです。

 

染めた後の10日前後は、タオルに色が付く恐れがあります。

 

 

 

参考にしてみて下さいね。

 

毛染め,